戻る

夜烏山(よがらすやま)1319.4m 2009年11月19日
阿智村 富士見台高原の東に位置します。名前の由来を検索したところ, この山は月の名所としてしられ園原の
里にある「夜烏山広拯院(
こうじょういん)」月御堂から見る中秋の名月は,南アルプスの赤石岳から昇って夜烏山を照らす時,辺りの展望は絶景で,それはまるで昼のよう・・・。山に棲むカラスが日中と間違えて鳴くので夜烏山の名がついたそうです。 山頂までの道筋は,ほぼ明瞭でしたが直登,急登・・・けっこう きつかった。

   スタート地点

   R256から林道烏城線を清内路 平瀬地区へ進み
   橋の手前,路肩に駐車

   橋を渡り左に折れて民家の脇から
   入山しました。

               尾根に出る

               途中で沢筋へ
               入り込みましたが引き帰し

               ジグザグの山道を登ると
               トラバース道があった

               でも 直登の方が早い
               目印を付けながら進みます。

   だましのピーク

   このような場所を何回通過しただろうか
   顔を出すたびに・・・まだ先なの?

   地形図では読みにくい。

               南方面

               山頂が目線と同じ高さに
               見えてきた

               主尾根はもうじきかな・・・

               右から巻きます。

   1259m地点

   やっと出る
   足はガクガク・・・

   左へ南下します。

               広い笹原の尾根

               笹は ひざ程度
               朝は小雨もよう
               ケモノ 踏跡が濡れて はっきり

               導かれるように歩きました。

   山頂

   三回ほどピークをアップダウン
   道沿いに有りました

   探さなくてすんだ。

               展望

               山頂は眺望なし

               尾根道の樹間からは
               西側がよかった

               南木曽岳です。

ルート図

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図 25000 (地図画像)を複製したものである。(承認番号 平19総複、第313号)」
上へ
Copyright(C)2009 eguchi All Rights Reserved.