戻る

青田山(せいだやま)1707.2m 2013年6月29日
大鹿村の大河原地区から東南に見える大きな山域。十数年来 渓流釣りに通い小渋川の川原で釣竿を上げると
いつも目に入り天気変化の目安にもなるところ・・・でした。

   カーブ

   青木川沿いの国道152から北の原を過ぎ
   舗装されていない村道を上がってくる・・・
   標高は1650m位

   広い路肩に止めます。

   登り口 →

   P から少し車道を上ったところ

   定番の入り口です。

   山中

   明瞭な山道があります
   少し先に進むと鞍部から東を巻き南へ向う
   作業道が続いています・・・もどり

   左の北方面へと進む。

   シラビソ →

   まずは適当に明るい場所へ登ります。

   コブ

   古い目印はありますが・・・
   何しろ広い尾根,できるだけ高いところを歩きます。

   鞍部 →

   左右はほぼ平です
   まっすぐに行きますが

   どっちかへ曲がって歩いているでしょう。

   山腹

   地形図は丸い山
   上へ行けば山頂へたどり着く
   でも・・・

   目標物がないと上に着いて一回りすると
   来た方向を見失うことがあるので
   振り返りながら登りました。

   山頂 →

   コケの三等点名「鳶巣山」

   東側がなだらかなので少し進んだが
   暗い林内に大木があるのみで引き返した。

   展望

   北方面に大河原上部の集落が少し見えた。

   鳶ヶ巣 →

   山頂から北西側500mほど下の作業道路上から
   小渋川への崩落斜面を見る

   中の集落は上蔵(わぞう)36災害も被害を免れたそう
   歴史有る地区

   山上を走るのは鳥倉林道です。

ルート図

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図 25000 (地図画像)を複製したものである。(承認番号 平19総複、第313号)」
上へ
Copyright(C)2013 eguchi All Rights Reserved.