戻る

鐘突堂(かねつきどう)654.1m 2010年12月18日
下條村 睦沢地区に位置します。点名が面白い・・・由来でもあるのかな?マイナー山かと思いつつ訪れました。
登り口が飯田市 立石と下條村 小松原からの二箇所あり,立石側が近そうだったのでこちらから登ってみる・・・
山容は,飯田市側は荒れ放題!・・下條村側は手入れが行き届き山頂には標石も設置されていて驚きでした。

   立石側

   最初,小松原に立ち寄ってから
   立石の狭い県道491号を阿智川沿いに進み
   ここに着く,奥の左が入口らしい

   空地に駐車して先を見ると ネット上では道は有るが
   とても車では入れない・・・
   林道と言うより軽も入れない廃道だった。

     尾根に出る

     地形図には載っていない山道を進んだら
     早くに尾根に乗った・・・

     この先がブッシュになるとは思わなかった。

   尾根を登る

   北は落葉樹の斜面
   南はヒノキの植林

   ちょうど開けたところから
   西側 亀沢山方面が見えました。

     踏跡も無い尾根

     後で解ったが ここは飯田市側
     山作業用赤布なんぞ ありゃしない・・・

     歩き安いところを探しジグザグ移動。

   トラバース

   右は尾根
   左斜面にちょうどケモノ道

   けっこう歩きやすい
   利用させてもらいます。

     少し歩き安く

     奥にピークが見え始める

     小さいアップダウンのくりかえし。

   林道現る

   右は小松原から続くと思われる
   こちらから入山すれば良かった
   まん中の尾根を進みます

   左は帰りに少し下ってみましたが
   どこへ出るか分らない
   へたに下りると車道歩きが長くなる。

     山頂手前

     林道から先は きれいな山道が続きます

     遊歩道みたい。

   山頂

   奥は北西方面
   地図上,無名な山ですが

   石柱もあり
   地元,整備の様子が伺えました。

ルート図

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図 25000 (地図画像)を複製したものである。(承認番号 平19総複、第313号)」
上へ
Copyright(C)2010 eguchi All Rights Reserved.