戻る

穴倉山(あなぐらやま)1365.1m 2012年4月28日
辰野町に位置します。ネットで検索したところ沢山のファイルがあった。その中で何年か前「小横川」区で登山道を
整備した記事が掲載されていたのでこれを参考に登ってみました。登山口の案内板がなければ登り口を捜すのに
難儀しそう。山容は信仰の里山で頂上までの登山道沿いには,かつて子どもを亡くした家族が供養のために立てた
「三十六童子」,頂上には悪魔を追い払う守り神とされる「八大童子」の碑がありました。

   登り口

   案内に従い広い場所へなんとか着いたが狭い農道です
   普通乗用車では車幅ギリギリのカーブもある
   慎重に運転しないと脱輪どころか転がり落ちてしまう!

   奥の道から入ります。

   とりつき →

   前の写真に小さくプレートが写っていた
   これが無ければ広い林道を進んでしまうだろう

   左折し,山中に入るとトラロープに導かれ
   登って行きます。

   行きは よいよい

   急坂があるつもりで行きますが
   しばらくジグザグ道です

   登り始め15分ほどで鳥居と石碑群がある
   少し開けたところに出る

   その先は予想通り・・・

   溝の道 →

   延々,直登が続きます
   休む平もない

   きのこ採りに徹した山道だ。

   少し平に

   途中開けた所に大きな水溜り,ぬた場 だろうか
   水は澄んでいた

   そこを過ぎるとやっと楽になる。

   山頂手前 →

   ここもまっすぐ

   先を右曲がりすると平になり,石仏があって奥が
   頂上だった。

   明るく広い

   三等点 です

   春霞・眺望は まあまあ・・・

   南東方面 →

   眼下に辰野市街,奥には左 八つから
   南ア甲斐駒方面見えた。

   北東方面

   美ヶ原から蓼科山への展望
   手前は鶴ヶ峰か?

   北方面 →

   穂高・槍,見えます

   これから後・・・昼食にして
   もと来た道を転がらないように下るのでした。

ルート図

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図 25000 (地図画像)を複製したものである。(承認番号 平19総複、第313号)」
上へ
Copyright(C)2012 eguchi All Rights Reserved.